プリンター

中古の複合機でも作業効率UP~あなたの企業を助ける機器がここに~

エコに経費削減

トナーカートリッジのリサイクル商品について

周辺機器

トナーのリサイクル商品とは、使用済みのトナーカートリッジを回収してカートリッジを洗浄、修理、再生した製品のことをいいます。リサイクルトナーのメリットはプリンタ製造会社以外の業者が回収して再生利用することで安い値段で販売できることと、トナーカートリッジの再利用によるゴミの減量化が可能になるということです。 かつてはプリンタメーカーは、プリンタ本体を格安で提供し、純正のトナーカートリッジなど消耗品に利益を乗せるという方法をとっている部分もありました。またメーカー自体の使用済みカートリッジの回収にも限界があり、現在はトナーリサイクルの専門業者が多数あり、回収、洗浄修理、再生までの業務を一定の品質を確保して市場に出せるようになりました。リサイクルトナーの品質は、当然新規の純正商品に比べると不良品のリスクはもちろんあります。しかし純正品の不良品率1%に対し、2〜3%程度であり、充分お買い得の商品として通用するものです。 最近はプリンタメーカーも純正商品として、リサイクルトナーを市場に提供しています。以前と違いきちんとした再生トナーが市場にでてきているので情報得て、お得な買い物ができます。

トナーはリサイクル使用されるのが普通です

インクジェットプリンタやレーザープリンタ等で使用されるインクは、インクはなくなっていますのでそのまま使用はできませんが、インクだけを充てんすればまた使用可能となることから、リサイクル可能なエコロジー商品であると言われています。 インクとして使用されるトナーも同様のことが言えるわけで、企業等においてはリースという形で使用されるリサイクルトナーが一般的です。 購入するよりはリースということで、何回でも使用可能なものとして環境に優しいものとして日本でもよく見受けられるものとなりました。 リサイクルトナーは、一定期間が経てば再度の利用が不可になるケースもありますが、それでもリサイクルトナーとして長年にわたって利用されたものですので、環境面への負荷は最低限度に抑えられたと考えてよいものでしょう。